千葉ジークンドークラブへようこそ! クラブ紹介 入会案内 活動計画 セミナー情報 掲示板 ブログ








 


 
ジークンドーとは、故ブルース・リー師祖がつくられた武術で、
その本質は、師祖が生前言われた

「心を空にしなさい。水のように形をなくしなさい。カップに入れればカップの形に、
ボトルに入れればボトルに、ティーポットに入れればティーポットの形になる。
水は流れることもでき、ぶつかることもできる。水のようになりなさい。」

という言葉からも分かるように、あらゆる状況に適応させることのできる
柔軟な適応力にあります。

そのため、師祖がいわれた「シンプル」「ダイレクト」「ノンクラシカル」
ジークンドーの大原則になります。 つまり、状況に応じて技を増やすのではなく、
厳選したいくつかの技術で適応させていけるよう、ジークンドーの技術は構築されています。
ジークンドーの技術をよりシンプルに、よりダイレクトに、よりノンクラシカルに洗練させていく、
その道のりが截拳道(ジークンドー)です。     

 
上記にあるように、ジークンドーは厳選した技であらゆる状況に適応させていくため、
一つひとつの技術は素早く、効果的である必要があります。
そのため、ジークンドーの打撃は速く、重く、貫通力があることが大切です。      
ここでは、ジークンドーの代表的な打撃である「リードストレート」を用いて、      
ジークンドーの基本原理の一部ですが紹介したいと思います。        

原理@速さ
ジークンドーのパンチはリードストレートに限らず、
ストレート系のパンチは、すべてターゲットに対して
最短距離を直線でとおります。
また、拳が始めに動く「パンチ・ファースト」という
原則で、打撃の予備動作を極限までなくしていく
ことにより、速さを追求していきます。 

原理A重さ
ジークンドーのパンチはリードストレートに限らず、
ストレート系のパンチは、すべてターゲットに対して
最短距離を直線でとおります。
また、拳が始めに動く「パンチ・ファースト」という
原則で、打撃の予備動作を極限までなくしていく
ことにより、速さを追求していきます。 

原理B貫通力
ジークンドーのパンチはリードストレートに限らず、
ストレート系のパンチは、すべてターゲットに対して
最短距離を直線でとおります。
また、拳が始めに動く「パンチ・ファースト」という
原則で、打撃の予備動作を極限までなくしていく
ことにより、速さを追求していきます。 



これらのジークンドーの打撃原理は、説明することは簡単ですが、  
効果的に実践するにはとても難しい技術です。  
シンプル、ダイレクト、ノンクラシカルというジークンドーの原則の下、  
より打撃を効果的にしていくために、ジークンドーはフットワーク、  
打撃時の体の構造(ストラクチャー)などを科学的に進化させてきました。  
ここに紹介した基本原理はその中のごく一部です。  
多くの武道と同様に、ジークンドーも体験していただかないことには  
正しくお伝えすることができません。興味を持っていただけた方は  
一度体験レッスンをうけに来てください。いつでもお待ちしております!!
























inserted by FC2 system